上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事を終え帰宅すると、嫁さんがプリプリしていた。
何事?と思うと

たいぞーが、ムシキングをしたんだけど、
来ていた子に「一緒にしよう」って声かけて、自分が勝ちたいからって
相手の手を見てから押すんだよ!しかも自分より小さい子!残念だ~!
ちゅう事だった。

「なんでさせたの?とめればよかったのに」って聞いたら
こっそり分からないように話をしていたと言うことだった。

自分から誘うなんて積極的だなと思う反面、
自分より弱そうな相手を誘うなんて悪知恵ははたらくな、
しかも後出しは卑怯やな~ と。

嫁さんが話しをしているとき、たいぞーは横で「わ~、わ~」と大声を
出し聞こえないように邪魔をしていた。

罪の意識か?怒られると思ったのか? まぁ、悪かったと思ってはいるのかな?

俺は、「友達と一緒に遊ぶのはいいけど、自分が勝ちたいからって
ズルはよくないな、恥ずかしいことだ!」と言い聞かせた。

「ハイ、分かりました。」と返事はするものの、表情はなんか上の空?

誉めるときは伝わっている気がするが、
何が どうして いかん のかを分かりやすく、響くように教えるって
難しいよな と感じるんだな~

子供は怒られてる事が怖くて、内容的にはあまり分かっていなくても
最後にはこっちが分かった?って聞くから「ハイ」って答えてるって感じ。
 
未完成だもんね、繰り返し何度も言わなければいけない事なんでしょうねぇ~

後から考えると、叱ってるはずが
何度いっても分からない・子供の行動に自分が耐えられない で
自分の怒りの感情にすりかわってる事が少なくなかったよな~。

ただ、分かってくれたって実感がほしいだけなんだろうなぁ~って、

子供の行動がきっかけで、ちょっと自分の感情を理解してみたのだ

子供の行動にばかり捕らわれないで、子供の気持ちと感情を理解しよう、さらに自分の気持ちの変化にも目を向けよう!

あぁ~何とかまとまった。が、何の落ちもない話になっちまった。 不覚!
Secret

TrackBackURL
→http://boonen.blog46.fc2.com/tb.php/38-c7f7b6c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。