上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺は、金縛りになる。 
人が横になって浮いているのが見えるが、怖くはない。

変な夢を見てるうちに目が覚めてきて、あれ?カラダが動かない!金縛りだぁって。

脳は覚めて意識があるのに、体はまだ寝てるって感じ。
自分で解くのは大変で、動けないし 声もでない。

そんな時は誰かに体を揺すってもらうと、解ける。
俺は嫁さんを呼んでるんだけど、うなされてるようにしか見えないらしい。

嫁さんは、解っているんで、俺が助けを求めていると体を揺すって起こしてくれる。
「また、金縛り?」
「うん、ありがとう、オヤスミ・・・。」って 変な会話である。

金縛っているとき、隣の部屋の嫁さんに助けを求め必死に声を出そうとしているうちに、
解けて夜中に「うぉ~~いぃ~~」って叫んだ事もある。

その時は嫁さんも、「なに!?」ってビックリして聞いて来たけど、
「もうよかった・・・」って返事したら、「金縛り?」 「そう・・・、オヤスミ・・・。」
まったく、変な会話である・・・。

金縛りにあってるときは、胸の上で腕を組んで寝てる って 嫁さんが教えてくれたんで、
腕を組まないように、意識するようになり 回数は減ったけど、
たまに、子供達の足や、頭が胸の上に乗っていて 金縛る事が たまにある・・・。

先日、久しぶりに金縛りにあった。
その時は嫁さんが仕事からまだ帰ってきていなくて、
一緒に寝ていた、たいぞーが、
「おとーさん、おとーさん」って起こしてくれたみたい。
俺は、あまり気にしてなくて、「ありがと・・・」ぐらいで、そのまま寝てしまった。

次の日、寝ようとしたら、たいぞーが
「おとーさん、きのう寝てたらへんな声だしててさ、
ぼく、目が覚めて、こわくて 『おとーさん、おとーさん』って起こしたよ。
すごく こわかったから もう、へんな声ださないでね」って

そんな事すっかり忘れていた俺は、そういえば、だったなぁ と思い出した。

「だいじょうぶだよ、おやすみ」って寝たんだけど、
思い出したら おかしくなってきて、笑いが止まらなくなってしまった。

たいぞーは、
「ナニが、おもしろいの!こわかったんだからね!!」って怒っていたけど
俺はしばらく笑いが止まらなかった。

ゴメンネ、たいぞー。
おとーさん、またに 金縛りになるから、怖がらないで、起こしてね。
お願いしま~す。

ぴーた?
明かりを点けようが、大きな音がしようが 腹だして、大の字になって寝てるよ・・・。 






Secret

TrackBackURL
→http://boonen.blog46.fc2.com/tb.php/269-a2982540
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。