上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は仕事(本職)でした。
昼過ぎ、間違えて(携帯の押し間違い)嫁さんに電話がつながった。
ほしたら、「ととろ(牛の名前)が朝から尻尾上げてるよ。破水はまだみたいだけど・・・。」だって~。
「マジで~、風船(2次破水)がでたら連絡頂戴」ってことに。

結局、仕事終わって かえるまで連絡なかったんだけど。

急いで帰って、ととろを見ると、確かに尻尾上げて、ウロウロ。陣痛が来てる。

でも、大晦日なんで実家に挨拶に行かないと・・・。
大急ぎで 俺の実家に挨拶に行って、嫁さんの実家には、嫁さんと子供達だけで。

俺は一人残って 仔牛3頭にミルク。ととろに目をやると足が!出てるじゃ~ん!
でも、片足?しかも裏が見えてる??

ひっくり返ってる?もしかして・・・逆子??
とりあえず、ととろを繋いで、確認。
もう片足を引っ張りだす。無反応!!死んでるんか?更に、足をたどっていくと・・・、しっぽ!
「あいや~、逆子かよ~」って一人で叫んでた。

一人だし、大晦日じゃ、ヘルプも呼ぶに呼べない!とりあえず タバコ吸って、ロープ準備。
覚悟を決めて、引っ張った!

やっぱ、逆子はナカナカ出てこない。 ととろも苦しそう。 途中でぶっ倒れてしまった。
でも、ととろさんは感心で 倒れながらも、イキンでくれたんで俺も必死で引っ張った。

なんとか、少しずつ出てきて一人で引っ張り出すことが出来たんだけど、反応なし!

「死んでる~」って叫びながら、逆さ吊り。コレが一人なんで、持ち上げられない!!
天井にロープ引っ掛けても、上げきらないし、デレ~ンって無反応。

「ダメかな~」って思いながら、また足もって、逆さ吊りして振り回してみたら
「ブッ」って羊水だして、少し反応が!急いでタオル取りに行って
「帰ってこ~いぃぃぃ!!!」って叫びながらゴシゴシ。

ダラ~ンってなったまんま「ブシュ」って羊水出して、まばたきしたんで、
口に手を突っ込んだり、鼻の穴に指突っ込んだり、顔を叩いたり、ゴシゴシしたり・・・。

何とか、頭を持ち上げ始めたんで、
「手は尽くしました。後はお子さんの生命力とおかーさんにお任せします。」と、
ととろを放し 見守ることに・・・。

仮死状態だったのに、保温器つけたりしてる間に、立とうとしてる。
まぁ、牛の分娩したことがある人にはワカルと思うんだけどね~。仔牛は結構、丈夫だよね。

いつもは、実家で年越しする嫁さんたちも、心配だったようで、ソバもって帰ってきてくれました。
ソバ食ってから、見に行くと、まだ立ってない。
立って、初乳確認まで4時間ぐらいかかった。

ちょっとこの子は心配だなぁ。

今回の分娩の反省点は、破水の確認が出来なかったこと。
破水してから結構時間が経ってたみたい。
何とか、持ち直して、元気jに育って欲しいと願うことであります。

ちなみに、この子は 千代桜(オス)-神徳福-平茂勝 

そんな、こんなで 今年は,ちょっと大変なシメでした。

家族を巻き込んだ、俺の暴走は止まらない!
来年は、どうなることやら、とても楽しみである。

ちくちく、来年もよろしく。

スポンサーサイト
2008.12.20 童神
人間椅子の人面瘡じゃ
「子供にナニを聞かせてるんだ?」って思われてもいけないんで

たいぞーがまだ幼稚園の頃ぴーたーも もっと小さい頃
俺はよくこの歌を子供達に歌っていた。
(原曲は沖縄弁で意味がわからないので、夏川りみが歌う、ヤマトグチっちゅう標準語の歌詞の方ね)

もちろん子供達も覚え、お風呂なんかで一緒に歌っていた。

古謝美佐子さんの童神(わらびがみ)っちゅう歌で子守唄なのかな?

変な歌も教えるが、こんな歌も聞かせて 意味を教えたりもしているのだ。


2008.12.18 人面瘡
俺は イカ天世代である。
車に昔買った、人間椅子っちゅうバンドのCDが乗っていた。
 
何故か、子供達が気に入ってしまい。
「人面瘡聞きたい。」ってリクエストする。
ヘビーメタルで おどろおどろしい歌詞がおもしろいらしい。
子供達は「ゴリゴリだね」って言っている。

ハッキリ言って子供が聞く音楽ではない。


俺は必ずしも良い影響を与えていない・・・。 
学校や幼稚園で
「だらだら、どろどろ、血みどろ じんめんそ~」なんて歌わなきゃいいけどなぁ~・・・。
たいぞーが言うほどあって、このSGはいい音だな。
昔はベースの人はネズミ男の格好してたんだけど・・・。
今さらながら、スーダンをロールしました。
カッティングロールベーラーが無いんで、ハーベスタで撒き散らして、ロールしました。

夕方ラップしてたら、ぴーたーが手伝ってくれました。
081216_1932~01 ぴーたー日当 ¥50-ナリ! 
2008.12.06 牛乳鍋って?
本日、嫁さんが仕事でした。
出がけに、嫁さんが
「今日は、ぎゅうにゅうなべだから!
薄かったらコンソメとコーンスープをいれてね~、よろしく~。」といって出勤して行かれた。

「おう!行ってらっさ~い」と送り出したが 「ぎゅうにゅうなべ」ってなんじゃ?
牛を済ませ、家に上がり、鍋を見ると
「・・・」(どんな味がするんか)とちょっち心配になった。

とりあえず味見 「・・・」 薄いのか、ちょうどいいのかが わからんかった。
とりあえず、言われたとおりコンソメとコーンスープを入れて少し煮てみた。

そこにぴーたーが「今日の晩ご飯なに~?」

「ぎゅうにゅうなべだよ~」

「ぎゅうなべ~・・・、牛肉!」(さすが、ぴーたー 肉が喰いたいのか~)

「違うよ、ぎゅうにゅうなべ!」

「ナニそれ~」

「見れば解るよ」
ジャン!
PAP_0006_20081219210829.jpg
「あ!シチューなべだ~!!!」

PAP_0004_20081219210841.jpg PAP_0002_20081219210850.jpg 「おいし~」と喜んで、バクバクお食べになった。

PAP_0005_20081219210845.jpg PAP_0001_20081219210854.jpg
で、このお方 野菜が多いので不満なのである。 
せっかくついでも、ウインナーだけをお食べになったのであった・・・。

ぴーたーが シチューなべ って言ったので
「あ!シチューなんだ」と俺も理解できた。
最初から シチュー鍋 って言ってくれればいいのに、 ぎゅうにゅうなべ って言うから
ものすごく、恐ろしい鍋のような感じがしたんだな~。

でも、ぎゅうにゅうなべ おいしかったぞ、ご馳走様でした。


11月後半予定のえいちゃん、やっぱり12月にズレました。

23時に1次破水、0時に2次破水確認。(嫁さんも仕事から帰ってきました。)
1時間経っても足が出ないんで、確認(手を入れて触ってみるんですね~。)すると、
蹄が上向き。ひっくり返ってる?まだ産道に乗って来ないとこか?と
さらに、足をつたっていくと、
尻尾が!あ~あ、逆子じゃ~ん、急がんと、仔牛が死ぬ~!

居間でひっくり返っていた嫁さんを叩き起こし、夜中の2時に綱引き引っ張り大会!
ま~、俺と嫁さんの二人だし、滑車も助産器もないんで大変!大変!

何とか引っ張り出したものの、時間がかかり案の定 仮死状態!
心臓はバクバクと物凄い速さで、動いているのがわかりました。

濡れてズルズル滑る仔牛を逆さに吊り、羊水を吐かそうとしたんですが、ブラ~ンって無反応・・・。
ワラやタオルで必死に体をこすり、反応があったところで、また逆さ吊り。
今度は少し頭を持ち上げました。マッサージをしていると鼻や口から羊水をブシュッと出し、頭を上げ始めたんで、
「大丈夫かな~」と親を放して任せました。
親牛が仔牛をなめることで、マッサージになって、どーとか、こーとか・・・、
とにかく親牛に愛情たっぷりになめてもらうのが一番いい!と思う訳です。

しばらく見ていると、頭を持ち上げ、完全復活。ちゃんと立とうとはじめたんで、
「もう、よかろ~」と寝ました。(ホントはちゃんと初乳を飲むか見らんとイケナ~イのだ!)

んで、朝見に行くと、ちゃんと生きてました。が!腰が、足が!変!曲がってる!!
まぁ、せっかく取りとめた命!しばらく様子を見ましょう。
大きなメスなんで、出荷が出来なくても、繁殖能力さえあれば保留を考えましょう。

えいちゃんは前回の仔牛を押しつぶしてしまいダメだったんで、この子は大事に育てたいなぁ。
ちなみに
勝次郎(ー神徳福)メスです。











2008.12.02 町娘
お遊戯会で着物づいた嫁さんが、ぴーたーに着せて喜んでいた。
PAP_0070_20081219220541.jpg
ナンデ、こんな着物持ってるんだ?

しかし、似合うな~。なんかお団子とお茶を持ってきてくれそうだ・・・。
(この写真は嫁さんが撮ったんだけど、頭が切れてんだよ~、どーして切れるかな~、不満だ!)
ぴーたー幼稚園 最後のお遊戯会がありました。

ぴーたーは ひらひら舞い扇 という踊りを踊りました。

コレ、着物なんですね~、ぴーたーが自分で決めたそうですが、ピッタリ!
ほかの子はタオルを何枚も入れていたそうですが、ぴーたーはいらなかったそうな。

お遊戯会2 
お遊戯会

なかなか、踊りもサマになっていて 貫禄十分の演歌歌手のようでした。
コレで幼稚園の行事も終わり、残すはお別れ遠足と卒園式だな~。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。